竹久夢二 「夏の朝」